本文へ移動
2019年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • .

▸ご利用の流れ

既存住宅保険(宅建業者売主型)

まもりすまい既存住宅保険(宅建業者売主型)を利用するためには、事業者登録が必要です。新築保険の届出事業者様も別途登録が必要です)
登録有効期間は事業者登録日から1年です。継続利用される場合は、1年後ごとに更新手続きが必要です。
詳しくは住宅保証機構(株)のホームページでご確認ください。
 
 
現況確認シートで住宅屋内外のチェックを行なってください。
 
『保険契約申込書』に必要書類添付して、ご提出ください。
 
保険料は申込受理後に指定の振込用紙を送りますので、振込でお支払ください。
 
※ リフォーム工事を実施する場合は、工事着手前にお申込みが必要です。

 
 
設計施工基準への適合性を確認するため、住宅保証機構(株)にて現場検査を実施します。
売買契約に基づき、住宅保証機構(株)指定の保証書を買主に発行してください。
 
保険証券発の行申請時までに、買主様に『既存住宅売買瑕疵保証責任保険の概要』をお渡しし、保険内容をご了解いただいたことを確認するため、『契約内容確認シート』に署名または記名押印をいただいてください。
 
当社の現場検査に合格し、売買契約に基づく引渡日が決定しましたら保険証券発行申請書に必要書類添付の上、ご提出ください。
 
現場検査実施日から1年間(ただし鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造の共同住宅は2年間)が現場検査結果の有効期限となりますので、ご注意ください。

詳しくは住宅保証機構(株)のホームページでご確認ください。
 
保険証券と共に保険付保証明書が発行されますので、買主様に『保険付保証明書』と『契約内容のご案内』をお渡しください。
 
TOPへ戻る