本文へ移動
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 建築コンクール作品展
  • 年末年始休業日

料金

一戸建て等:フラット35・財形住宅 基本料金

表1:基本料金 (税込)
申請区分
設計検査
中間現場検査
※2
竣工現場検査
竣工済特例
【設計・竣工
現場検査】
※1
当協会で建築確認
を受ける住宅
4,000円
7,000円
9,000円
29,000円
他機関で建築確認
を受ける住宅
7,000円
17,000円
(7,000円)
18,000円
39,000円
  • 連続建て、重ね建ての場合は上表の料金に住戸数を乗じた料金とする。
  • ※1 設計検査及び中間現場検査の手続きを行っていない一戸建て等の住宅について、特例として竣工後に設計検査及び現場検査の申請を行う場合
  • ※2 住宅瑕疵担保責任保険の現場検査と同時に中間現場検査を行う場合は( )内の料金とする。また、当協会にて住宅瑕疵担保責任保険の現場検査又は建築基準法に基づく中間現場検査を実施するものについては、フラット35の中間現場検査を省略することができます。

S加算料金

表2:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表1に加算する料金(税込)
適用するSの種類
設計検査
中間現場
検査
竣工現場
検査
竣工済特例
【設計・竣工
現場検査】
※1
設計検査後の変更
※2
耐 震 性
15,000円
5,000円
4,000円
7,500円
免震建築物
3,000円
2,000円
4,000円
耐久性・可変性 ※3
3,000円
2,000円
3,000円
8,000円
省エネルギ|性 
※3
・※4
断熱等性能等級
(性能基準)
【省エネ1】
20,000円
1,000円
6,000円
27,000円
10,000円
断熱等性能等級
(仕様基準)
【省エネ2】
15,000円
1,000円
6,000円
22,000円
7,500円
一次エネルギー
消費量等級
【省エネ3
30,000円
1,000円
11,000円
42,000円
15,000円
省エネルギー
対策等級4 ※5
1,000円
4,000円
バリアフリー性
3,000円
4,000円
9,000円
  • 連続建て、重ね建ての場合は上表の額に住戸数を乗じた料金とする。
  • ※1 設計検査及び中間現場検査の手続きを行っていない一戸建て等の住宅について、特例として竣工後に設計検査及び竣工現場検査の申請を行う場合。
  • ※2 同計算ルート内の変更で、かつ計算等を伴う変更に限る。区分外への変更は再申請となります。
  • ※3 長期優良住宅認定通知書、低炭素建築物等認定通知書、住宅事業建築主基準に係る適合書、建築物エネルギー消費性能向上計画認定通知書、建築物の省エネルギー消費性能に係る認定通知書、建設住宅性能評価書又は省エネ住宅ポイント対象住宅証明書等を活用する場合を除く。ただしこの場合、活用する別制度の申請料金等が発生します。
  • ※4 BELS評価書又は設計住宅性能評価書を活用する場合は、設計検査料を加算しない。
  • ※5 平成27年3月31日までに設計検査の申請を行った住宅に限る。
 

積立者向け融資加算料金

積立者向け融資の適用を受ける場合に表1に加算する料金
別途協議

共同建て:フラット35・財形住宅 基本料金

表3:当協会で建築確認を受ける住宅 (税込)
設計検査
竣工現場検査
5,000円×2,500円×N
8,000円×2,500円×N
  • N:適合証明の対象として申請される1棟の住戸数
 
表4:他機関で建築確認を受ける住宅 (税込)
設計検査
竣工現場検査
8,000円×5.000円×N
9,000円+5,000円×N
  • N:適合証明の対象として申請される1棟の住戸数

S加算料金

表5:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表3又は表4に加算する料金(税込)
適用する性能
設計検査
竣工現場検査
耐震性
10,000円+3,000円×N
4,000円+1,000円×N
免震建築物
5,000円+2,000円×N
2,000円+1,000円×N
耐久性・可変性 ※1
4,000円+1,000円×N
4,000円+1,000円×N
バリアフリー性
  • N:適合証明の対象として申請される1棟の住戸数
  • ※1 金利Aプランを除く。
  • 省エネルギー性は別途協議とする。

積立者向け融資加算料金

積立者向け融資の適用を受ける場合に表3又は表4に加算する料金
別途協議

賃貸住宅融資(サービス付高齢者向け住宅)加算料金

表6:賃貸住宅融資(サービス付高齢者向け住宅)の適用を受ける場合に表3又は表4に加算する料金(税込)
適用する性能
設計検査
竣工現場検査
サービス付高齢者向け住宅
40,000円+1,000円×N
40,000円+1,000円×N
  • N:適合証明の対象として申請される1棟の住戸数
  • 優良住宅については別途協議とする。
 

一戸建て等:フラット35・財形住宅 基本料金

表7:基本料金(税込)
フラット35
財形住宅融資
リ・ユースプラス住宅
財形住宅融資
リ・ユース住宅
一般の住宅
35,000円
35,000円
30,000円
耐震評価が必要な住宅※1
40,000円
40,000円
35,000円
  • フラット35S(中古タイプ基準)の適用を受ける場合を含む。
  • 再検査等で現場検査を2回以上行う場合は、1回につき15,000円加算する。
  • ※1 建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明の場合は、新築表示登記日が昭和58年3月30日以前)の鉄骨造以外の住宅で設計図書等のある場合に限る。(鉄骨造や設計図書等のない場合の料金は、別途協議とする。)

S加算料金

表8:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表7に加算する料金(税込)
適用する性能
加算料金
付帯条件:適用する性能が確認できる下記の図書等が
ある場合に限る。
耐震性
20,000円
構造計算書、図面、施工状況報告書等
免震建築物
7,000円
維持管理、敷地の管理計画書等、図面、施工状況報告書等
耐久性・可変性
※1
5,000円
図面、施工状況報告書等
省エネルギー性
※2
5,000円
図面、施工状況報告書等
バリアフリー性
5,000円
図面
  • ※1 金利Aプランを除く。
  • ※2 省エネルギー性でフラット35中古タイプ基準以外の加算料金は、新築住宅の竣工済特例に準じる。

積立者向け融資加算料金

積立者向け融資の適用を受ける場合に表7に加算する料金
別途協議

マンション:フラット35・財形住宅 基本料金

表9:基本料金(税込)
フラット35
財形住宅融資
リ・ユースプラス住宅
財形住宅融資
リ・ユース住宅
一般の住宅
38,000円
38,000円
38,000円
耐震評価が必要な住宅※1
45,000円
45,000円
45,000円
  • フラット35S(中古タイプ基準)の適用を受ける場合を含む。
  • 再検査等で現場検査を2回以上行う場合は、1回につき15,000円加算する。
  • 住棟単位の適合証明に係る料金については別途協議とする。
  • ※1 建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明の場合は、新築表示登記日が昭和58年3月30日以前)の鉄筋コンクリート造等の住宅で設計図書等のある場合に限る。(鉄骨造や設計図書等のない場合の料金は、別途協議とする。)
 

S加算料金

表10:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表9に加算する料金(税込)
適用する性能
加算料金
付帯条件:適用する性能が確認できる下記の図書等が
ある場合に限る。
耐震性
30,000円
構造計算書、図面、施工状況報告書等
免震建築物
10,000円
維持管理、敷地の管理計画書等、図面、施工状況報告書等
耐久性・可変性
※1
7,000円
図面、施工状況報告書等
バリアフリー性
7,000円
図面
  • ※1 金利Aプランを除く。
  • 省エネルギー性は、別途協議とする。

積立者向け融資加算料金

積立者向け融資の適用を受ける場合に表9に加算する料金
別途協議

一戸建て等:フラット35 中古住宅・リフォーム一体型 基本料金

表11:基本料金(税込)
現況調査
リフォーム工事計画検査・適合証明
合計
一般の住宅
36,000
37,000
73,000
耐震評価が必要な住宅
36,000
42,000
78,000
  • フラット35S(中古タイプ基準)の適用を受ける場合を含む。
  • 再検査等で現場検査を2回以上行う場合は、1回につき15,000円加算する。
  • ※1 建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明の場合は、新築表示登記日が昭和58年3月30日以前)の鉄骨造以外の住宅で設計図書等のある場合に限る。(鉄骨造や設計図書等のない場合の料金は、別途協議とする。)

S加算料金

表12:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表11に加算する料金(税込)
適用する性能
加算額
付帯条件:適用する性能が確認できる下記の図書等
がある場合に限る。
耐震性
20,000
構造計算書、図面、施工状況報告書等
免震建築物
7,000
維持管理、敷地の管理計画書等、図面、施工状況報告書等
耐久性・可変性
※1
5,000
図面、施工状況報告書等
省エネルギー性
※2
5,000
図面、施工状況報告書等
バリアフリー性
5,000
図面
  • ※1 金利Aプランを除く。
  • ※2 省エネルギー性でフラット35中古タイプ基準以外の加算料金は、新築住宅の竣工済特例に準じる。

マンション:フラット35 中古住宅・リフォーム一体型 基本料金

表13:基本料金(税込)
現況調査
リフォーム工事計画検査・適合証明
合計
一般の住宅
36,000
38,000
74,000
耐震評価が必要な住宅
※1
36,000
47,000
83,000
  • フラット35S(中古タイプ基準)の適用を受ける場合を含む。
  • 再検査等で現場検査を2回以上行う場合は、1回につき15,000円加算する。
  • 住棟単位の適合証明に係る料金については別途協議とする。
  • ※1 建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明の場合は、新築表示登記日が昭和58年3月30日以前)の鉄筋コンクリート造等の住宅で設計図書等のある場合に限る。(鉄骨造や設計図書等のない場合の料金は、別途協議とする。)
 

S加算料金

表14:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表13に加算する料金(税込)
適用する性能
加算料金
付帯条件:適用する性能が確認できる下記の図書等が
ある場合に限る。
耐震性
30,000円
構造計算書、図面、施工状況報告書等
免震建築物
10,000円
維持管理、敷地の管理計画書等、図面、施工状況報告書等
耐久性・可変性
※1
7,000円
図面、施工状況報告書等
バリアフリー性
7,000円
図面
  • ※1 金利Aプランを除く。
  • 省エネルギー性は、別途協議とする。

一戸建て等:フラット35 中古住宅・リノベ 基本料金

表15:基本料金(税込)
現況検査
リノベ工事計画検査・適合証明
合計
個人リフォーム
通常申請
※1
一般の住宅
36,000円
37,000円
73,000円
耐震評価が
必要な住宅※3
36,000円
42,000円
78,000円
買取再販一括申請
※2
 
一般の住宅
60,000円
60,000円
耐震評価が
必要な住宅※3
65,000円
65,000円
  • ※1 個人リフォーム通常申請は、個人が住宅を取得してリフォーム工事を実施する場合の申請。
  • ※2 買取再販一括申請は、宅地建物取引業者が取得してリフォーム工事後に一括して検査を行う場合の申請。ただし、買取再販の住宅で、事前確認検査を実施する場合は通常申請とする。
  • ※3 建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明の場合は、新築表示登記日が昭和58年3月30日以前)の鉄骨造以外の住宅で設計図書等のある場合に限る。(鉄骨造や設計図書等のない場合の料金は、別途協議とする。)
  • ※ 再検査等で現場検査を2回以上行う場合は、1回につき15,000円加算する。

S加算料金

表16:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表15に加算する料金(税込)
適用する性能
加算料金
耐震性
24,000円
免震建築物
9,000円
耐久性・可変性※1
9,000円
省エネルギー性
※1
断熱等性能等級(性能基準)
27,000円
断熱等性能等級(仕様基準)
22,000円
一次エネルギー消費量等級
42,000円
バリアフリー性
9,000円

マンション:フラット35 中古住宅・リノベ 基本料金

表17:基本料金(税込)
  • ※1 長期優良住宅認定通知書、低炭素建築物新築等認定通知書又は建築物エネルギー消費性能向上計画認定通知書等を活用する場合を除く。
現況検査
リノベ工事計画検査・適合証明
合計
個人リフォーム
通常申請※1
一般の住宅
36,000円
38,000円
74,000円
耐震評価が
必要な住宅※3
36,000円
47,000円
83,000円
買取再販
一括申請※2
 
一般の住宅
61,000円
61,000円
耐震評価が
必要な住宅※3
70,000円
70,000円
  • ※1 個人リフォーム通常申請は、個人が住宅を取得してリフォーム工事を実施する場合の申請。
  • ※2 買取再販一括申請は、宅地建物取引業者が取得してリフォーム工事後に一括して検査を行う場合の申請。ただし、買取再販の住宅で、事前確認検査を実施する場合は通常申請とする。
  • ※3 建築確認日が昭和56年5月31日以前(建築確認日が不明の場合は、新築表示登記日が昭和58年3月30日以前)の鉄骨造以外の住宅で設計図書等のある場合に限る。(鉄骨造や設計図書等のない場合の料金は、別途協議とする。)
  • ※ 再検査等で現場検査を2回以上行う場合は、1回につき15,000円加算する。

S加算料金

表18:優良住宅取得支援制度の適用を受ける場合に表17に加算する料金(税込)
適用する性能
加算料金
耐久性・可変性※1
10,000円
バリアフリー性
10,000円
  • ※1 金利Aプランを除く。
  • ※ 耐震性、省エネルギー性は、別途協議とする。

再発行料金・遠隔地における検査料金の加算額

再発行料金

書式
料金(税込)
設計検査に関する通知書
2,000円
中間現場検査に関する通知書
2,000円
竣工現場検査に関する通知書・適合証明書
3,000円
現況検査(物件売買時)に関する通知書
3,000円
中古住宅適合証明書
3,000円

遠隔地における検査料金の加算額

区域
加算料金(税込)
相模原市緑区、愛甲郡清川町、足柄上郡山北町、
足柄下郡箱根町、真鶴町、湯河原町
5,000円
  • ※ 確認検査業務の中間検査及び完了検査と同時に適合証明業務の中間現場検査及び竣工現場検査を実施する場合には、加算しません。
 
 
◇確認審査第2部審査第3課(5階)◇
電話:045-212-3641
 
◇湘南台事務所(中古住宅は除く)◇
電話:0466-46-7790
TOPへ戻る