本文へ移動
KACセミナー
 
第 1 部  「建築基準法の改正(1年以内施行)」について
第 2 部 ①「確認申請にあたっての留意事項」について 
          (Part2:がけ関連の条例及び土砂災害特別警戒区域内の建築物について)
        ②「次世代住宅ポイントの申請手続き」について
 
   令和元年7月3日 (水) 4日 (木) 14:30~16:30 (予定)
※ 満員御礼!申し込みを締め切りました。
 
▶24時間365日申請可能
▶移動時間ゼロ・交通費ゼロ
▶特別なソフトは不要
▶物件管理としても活用可能
▶検査申請時期アラートシステム搭載
▶24時間 簡単予約
▶現場で、打合せ先で、その場で検査日を確定
▶パソコン、スマートフォンからも利用可能
次世代住宅ポイント対象住宅証明書発行業務
を開始します     2019年4月1日~
2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • KACセミナー

更新情報

住宅性能評価・長期優良住宅・住宅性能証明・すまい給付金現金取得者向け新築対象住宅証明書の手数料改定のお知らせ
2019-04-02
カテゴリ:住宅性能評価,長期優良住宅,住宅性能証明,すまい給付金
重要
平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
2019年6月1日 より、手数料の改定を下表のとおり実施させていただきます。今後も変わらぬサービスをお客様へお届けできるよう努力してまいります。何卒ご理解のほどお願い申し上げますとともに、変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。
 
● 住宅性能評価(税抜・単位円)              (抜粋:詳しくは、別紙業務規程参照)
 
床面積の合計
設計住宅性能評価料金
建設住宅性能評価料金
戸建住宅
 200㎡未満
50,000
90,000
 200㎡以上
70,000
110,000
共同住宅等
 200㎡未満(木造)
5,000×M+80,000
(2,000×M+25,000)×N
 200~500㎡未満(木造)
5,000×M+130,000
 1,000㎡未満
5,000×M+180,000
(2,000×M+35,000)×N
※ M=対象住戸数 N=現場検査時期回数
 
● 長期優良住宅建築計画に係る技術的審査(税抜・単位:円)
(抜粋:詳しくは、別紙手数料規程参照)
技術的審査に係る建築物の住戸数
認定基準の区分ごとの料金(1件につき)
法第6条第1項第1号
法第6条第1項第2号、第3号、第4号イ又は第5号イ、第4号ハ第5号ロ
一戸建ての住宅(併用住宅を含む)
38,000
6,000
共同住宅等
 2~5戸
88,000
10,000
 6~10戸
134,000
15,000
 
 
● 現金取得者向け新築対象住宅証明(税抜・単位円)
(抜粋:詳しくは、別紙手数料規程参照)
評価項目
基    準
料    金
 省エネルギー性
 断熱等性能等級4
25,000
 一次エネルギー消費量等級4以上
30,000
 耐久性・可変性
 劣化対策等級3・維持管理対策等級2以上
20,000
 耐震性
 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上
35,000
 免震建築物
35,000
 バリアフリー性
 高齢者等配慮対策等級3以上
20,000
 評価書等活用
5,000
※ 評価書等活用=協会が発行した書類で上記基準審査の省略ができる場合
 
 
● 住宅性能証明(税抜・単位円)           (抜粋:詳しくは、別紙手数料規程参照)
性能証明項目(基準)
書類審査料金
現場審査料金
  断熱等性能等級4
25,000
28,000
 一次エネルギー消費量等級4以上
30,000
33,000
  耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上
35,000
42,000
 免震建築物
35,000
42,000
 高齢者等配慮対策等級3以上
20,000
28,000
 評価書等活用
5,000
14,000
※ 評価書等活用=協会が発行した書類で上記基準審査の省略ができる場合
 
 
 
 
【お問い合わせ先】
建築事業部住宅課 TEL:045-212-3123
TOPへ戻る