本文へ移動
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 建築コンクール作品展
  • 年末年始休業日

報告書の綴じ方

定期報告書類の綴じ方

報告書類は「正本」「副本」の2部提出になります。
但し、「概要書」は「正本」に添付し、「副本」には不要です。

建築物と建築設備同時報告の場合

(画像をクリックすると拡大表示します)
 
「報告書類」は定期調査報告書と定期検査報告書それぞれ一つにまとめてホチキス止めして下さい。以下の報告書類の綴じ方は定期調査報告書及び定期検査報告書(換気・排煙・非常用照明)が全て報告対象の建築物で、また、全て要是正の指摘があるため関係写真を添付した場合の例です。
「概要書」は「報告書類」とは別にホチキス止めしてください。

防火設備単独の場合

(画像をクリックすると拡大表示します)
 
「報告書類」は定期検査報告書を一つにまとめて下さい。
以下の報告書類の綴じ方は定期検査報告書(防火設備全4種類)の報告対象の建築物で、また、要是正の指摘があるため関係写真を添付した場合の例です。
「概要書」は「報告書類」とは別にまとめてください。

特定建築物と建築設備と防火設備を同時報告する場合

建築物・建築設備の報告書の後に防火設備報告書を添付し、概要書も各概要書の後に防火設備概要書を添付しまとめてください。
また、その時の注意点としては、特定建築物には配置図・各階平面図の添付が必須で、更に防火設備にも各階平面図の添付が必要になりますのでご注意願います。

お問い合わせ先

建築事業部建築課
電話:045-212-4511
FAX:045-212-3553
TOPへ戻る