本文へ移動
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

▸ご利用の流れ

  • 物件の申請をされる前に事前に当協会保険課にご相談ください。
  • まもりすまいリフォーム保険の「保険契約申込みの手続き」をお読みください。
  • 以下にまもりすまいリフォーム保険の保険契約申込等に必要な書類書式等のダウンロードを表示しています。
  • 詳しくは住宅保証機構(株)のホームページをご覧ください
まもりすまいリフォーム保険のご利用を希望される事業者様は予め事業者登録が必要です(新築保険の届出事業者様も別途登録が必要です)
登録有効期間はリフォーム事業者登録日から1年間です。継続利用される場合は、1年ごとに更新手続が必要です。
詳しくは住宅保証機構(株)のホームページでご確認ください。
 
 
現地調査を行なってください。
まもりすまいリフォーム保険の概要、保険契約申込等の必要な書類をご確認ください。
『まもりすまいリフォーム保険・大規模修繕かし保険 設計施工基準』に適合するように設計してください。
設計施工基準により難い仕様がある場合は、予め3条確認を受ける必要があります。保険申込窓口にご相談ください。
請負契約締結に基づき、住宅保証機構(株)所定の保証書を用いて瑕疵担保責任を定めてご契約ください。
 
保険証券の発行申請時までに、発注者様に『住宅リフォーム瑕疵担保責任保険の概要』をお渡しし、保険内容をご了解いただいたことを確認するため、『契約内容確認シート』に署名または記名押印をいただいてください。
 
『保険契約申込書』等に必要書類を添付して、リフォーム工事の着手前に窓口にご提出ください。
 
保険料等は住宅保証機構(株)が指定する期日までに口座振り込みにより入金してください。
『まもりすまいリフォーム保険・大規模修繕かし保険 設計施工基準』に適合するように工事を行なって行ってください。
設計施工基準への適合性を確認するため、現場検査(構造耐力上主要な部分の新設撤去がある場合のみ)を実施します。
 
※ 基礎新設増改築工事がある場合には、既存部分のリフォーム工事とは別途現場検査を行ないます。
設計施工基準への適合性を確認するため、現場検査(完了時検査)を実施します。
リフォーム工事完了後、現場検査が完了した後に事業者様及び発注者様の双方により、工事完了の確認を行なってください。
当該確認日を『工事完了日確認書』に記載し、保険契約申込者様及び発注者様の署名または記名押印をしてください。
リフォーム工事が完了し、登録事業者様・発注者様間で工事の完了を確認しましたら、『保険証券発行申請』を行なってください。
保険証券発行申請に関する書類は住宅保証機構(株)のホームページでご確認ください。
TOPへ戻る