2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 夏期休業日

手数料

当協会における住宅性能証明に係る手数料はつぎのとおりです。
性能証明項目等審査項目
書類審査
現場審査 ※3
合計(税込)
Ⅰ 省エネ性能基準
  
断熱等性能等級によるもの※1
 軽微な変更 ※2
20,000
10,000
30,000
50,000
  
  
設計住宅性能評価書、長期優良住宅
技術的審査適合証又はフラット35S設計検査に関する通知書が活用できるもの
5,000
30,000
35,000
  
  
建設住宅性能評価書が活用できるもの
5,000
15,000
20,000
  
一次エネルギー消費量等級によるもの
 軽微な変更 ※2
30,000
15,000
35,000
65,000
  
  
設計住宅性能評価書、長期優良住宅
技術的審査適合証又はフラット35S設計検査に関する通知書が活用できるもの
5,000
35,000
40,000
  
  
建設住宅性能評価書が活用できるもの
5,000
15,000
20,000
Ⅱ 耐震性能基準
   軽微な変更 ※2
30,000
15,000
45,000
75,000
  
Ⅱのうち、建築基準法の検査済証により竣工現場審査を省略できるもの
30,000
30,000
60,000
  
Ⅱのうち、設計住宅性能評価書、長期優良住宅
技術的審査適合証又はフラット35S設計検査に関する通知書が活用できるもの
5,000
45,000
50,000
  
  
Ⅱ-2のうち、建築基準法の検査済証により竣工現場審査を省略できるもの
5,000
30,000
35,000
  
Ⅱのうち、建設住宅性能評価書が活用できるもの
5,000
15,000
20,000
Ⅲ バリアフリー基準
15,000
30,000
45,000
  
Ⅲのうち、設計住宅性能評価書、長期優良住宅
技術的審査適合証又はフラット35S設計検査に関する通知書が活用できるもの
5,000
30,000
35,000
  
Ⅲのうち、建設住宅性能評価書が活用できるもの
5,000
15,000
20,000
※1 設計住宅性能評価書、建設住宅性能評価書又は、長期優良住宅技術的審査適合証を活用するもののうち、「熱貫流率又は断熱材の熱抵抗値の基準によるもの」及び「熱損失係数等の基準によるもの」は、「断熱等性能等級によるもの」を「熱貫流率又は断熱材の熱抵抗値の基準によるもの」又は「熱損失係数等の基準によるもの」に読み替える。
※2 書類審査後において軽微な変更で、かつ計算等を伴う変更に限る。
※3 次の区域について現場審査を実施する場合、別表の現場審査手数料に5,000円を加算する。
相模原市緑区、愛甲郡清川村、足柄上郡山北町、足柄下郡箱根町、真鶴町、湯河原町